「薬剤師の求人と資格の基礎知識」について



薬剤師の求人と資格の基礎知識」では、医療現場の担い手として、医師・看護師と並びその業務の重要性が高まっている「薬剤師」にスポットを当てて、「薬剤師」に関する基礎知識とその解説。また、薬剤師の求人情報から、薬剤師を取り巻く仕事環境や業界動向など、幅広く情報発信してゆきます。

皆さんは「薬剤師」に対して、どの様な印象をお持ちでしょうか?「病院や薬局で薬を調合している人」という漠然としたイメージはお持ちでしょうが、実際にどのような義務・責任を負って仕事をしているのか?よくわかっておられない方も多いのではないでしょうか?

このサイトでは、なるべくわかり安く「薬剤師」のことをご紹介することで、少しでも皆さんに馴染みを深めてもらい、薬剤師を目指すといった方が一人でも増えて頂ければ幸いです。

薬剤師は、薬剤師になるための専門教育を受けた「薬の専門家」です。病院で処方される医薬品も、ドラッグストアなどで購入できる医薬品もすべて薬剤師の守備範囲ということが出来ます。薬剤師になるためにはまず、専門の薬科大学や薬学部のある大学に入学しなければなりません。当然、入試科目も理系科目ですし、入学してからも化学記号との戦いになりますから、まず薬剤師を目指すのであれば、高校で理科系科目を履修しなければなりません。これは、医師でも同じことです。

大学における養成過程は、現在6年となっています。2年前迄は4年だったのですが、欧米基準に合わせる過程で、臨床研修の内容・期間の充実が図られたことが背景にあります。大学によっては、年次が上がるごとに厳しい進級試験があり、基準を満たしていなければ進級できないということもあります。また、6年間の養成期間を終えても、薬剤師国家試験を意識した卒業試験に合格しないと卒業できず、国家試験も受験できないということもあり、大変厳しい世界です。

最近では、同じ6年ということで「医師」を目指す高校生も増えてきているということですが、これから、薬剤師がより医療の現場で臨床学的活動をすることが求められているので、是非、薬剤師を目指してもらいたいと思っています。

管理者:たけちゃん

薬剤師に関するトピックス



薬剤師(やくざいし)とは?



Q:薬剤師とは、どんな資格なのか?
薬剤師とは、薬剤師に規定されている我が国での「薬の専門家」です。

薬科大学や薬学部のある大学を卒業し、「薬剤師国家試験」に合格することが求められています。薬剤師法と薬事法では、「医師の処方箋(しょほうせん)によって医薬を調合するほか、一般人に医薬品を販売する者」とされている。

現在、適用されている現行の法律は、昭和35年に制定され現在に至っている。
以下、定められている項目である。

1.薬剤師の任務
2.免許、免許の条件
3.薬剤師名簿、登録および免許証の交付、免許の取消し
4.届出、試験、業務、罰則

薬剤師の過剰時代はくるのか?



本当に薬剤師があまる時代がくるのか?

薬の担い手を「医師」から「薬剤師」へ移管する「医薬分業」活発になったのは、今から遡ること15年程前である。これにより、巷に「調剤薬局」とよばれる、主に処方箋を取り扱う薬局の出店が急激に増加した。このことで、薬剤師の需要も比例して急激に伸びたのである。

2012年現在、状況は少々変わってくる。
薬剤師の大学での養成年数が4年から6年に変更されて、2年間、新卒薬剤師が輩出されなかったことから、薬剤師業界では深刻な薬剤師不足に陥っている。

6年制が導入される迄は、以下の理由から薬剤師は飽和するのではないかと思われていた。

1.登録販売師制度(2009年)の導入により、第1種以外の2種・3種に関しては、
   薬剤師でなくとも、販売が可能になったこと。

2.医薬分業の進展が進み、調剤薬局の新規出店は落ち着いてゆくと考えられて
   いたこと。(分業率は、80%前後で頭打ちになるのではないと予測されていた)

3.先進国中でも、日本の薬剤師数はどちらかというと多かったから
  「薬剤師需給の予測について」(厚生労働省)では、13万人もの余剰がでると
  されたのは、人口1000人に対して、すでに1.21人の薬剤師が日本にはいると
  されている。

薬剤師の養成について



薬剤師の養成の場(薬科大学・薬学部)

時代の進展により、医療に対する様々なニーズが寄せられていることに対応して、大学も、幅広い知識の習得と人間形成の場を提供してゆかなければならない。
薬科大学のプログラムでは、1回生・2回生では、薬に関する科学的知識の基礎を徹底的に勉強するだけは無く、これからの薬剤師として求められる姿勢についても
学習をします。加えて、臨床・実習を通じて実地で得られる知識の習得に励みます。
年次が上がってくるにつれて、今迄身につけてきた知識や経験を一つに統合して、「医療知識」につなげてゆき、「薬学」という学問にまで昇華させてゆきます。
薬剤師国家試験に合格することが一つの基準ですが、何よりも、社会に「薬剤師」として受け入れられ、患者のqol向上にお役立ちできる人材の育成が求められています。

そのためには・・・・

薬剤師の年収水準とは?



薬剤師平均年収は約520万円

日本のサラリーマンの平均年収は平成22年の推定値で約420万円です。
そういう観点でみると、薬剤師の年収水準は520万円ということで、やや高待遇と言えるでしょう。ただ、薬剤師の場合は養成期間が6年で、薬学の修士課程を履修してから薬剤師国家試験に合格することが求められます。
その間、年間約200万円近い学費がかかるため、薬剤師になる迄に少なくとも2000万円近い資金が必要になってきます。この学費負担に対応できる家庭は少ないでしょう。






Topics-薬剤師の求人と資格の基礎知識-

2012-09-25 10:32