日本ダービーの予想方法・皐月賞組がやはり強い

最強の日本ダービー予想方法とは

日本ダービーはすべての三歳馬の目標となるレースなので、三歳馬最強決定戦ということになるわけですが、ダービーで勝ったあともずっと強かった馬はたくさんいるわけではありません。
ダービーを走ったあと、怪我などで三歳で引退してしまったり、あるいは四歳以降、まったく勝てなくなったダービー馬もいます。
そういった意味では、他のレースと同様に、コース適性、距離適正が合っている馬であれば、走る時点で最強とはいえなくても、勝つ可能性はあるレースということになるでしょう。
予想する場合も、そういった点を見ていくことになります。
まず、コース適性ですが、日本ダービーは東京競馬場で行われるレースなので、左回りということになります。
当然、左回りで実績を残している馬が出てきたらマークすべきですし、また、今までの戦績がよかったとしても、すべて右回りのコースで左回りのコースは初めてという場合は、評価を少し下げることが必要です。
それと、東京競馬場の2400メートルはメインスタンド側からの発走ということになるので、入れ込みやすい馬は要注意です。
三歳馬はまだ精神的に幼い面も多く、観客の手拍子や歓声などで入れ込んでしまい、ゲートで立ち上がって出遅れたり、あるいはスタートでかかって暴走することもあり得ます。
今までゲートで問題を起こしたことがある馬は、印を一つ下げた方がいいでしょう。
そして、東京競馬場といえば長い直線ですので、長くいい脚を使える馬がやはり有利です。
距離適正の部分ですが、2400メートルは長距離ですし、マイラーには厳しいです。
ただ、三歳馬の場合、走ったレースが少ないため、マイラーなのか、それとも2400メートルをこなせるのかわかりにくい部分があります。
それまでの戦績から日本ダービーでも好勝負すると思われていたけど、走ったら全然駄目で、ダービー後のキャリアは完全にマイラーだったという馬も少なくないので、血統に注意しましょう。
血統がよくわからないという場合は、血統を重視する予想家のコメントをチェックすれば、適正のある馬、明らかに距離が合わなそうな馬の情報はおさえられます。
最後に、ダービーでは皐月賞を走った馬と、ダービートライアルで出走権を得た馬のどちらが強いのかというのが、予想で問題になりますが、基本的には皐月賞で上位の馬が、ダービーでも勝負になる確率が高いです。
トライアルで勝った馬は、ダービーと同じ距離、あるいは近い距離で勝ったというのが評価されますが、レースの格は当然、G1である皐月賞の方が上なので、評価しすぎない方がいいでしょう。

そんな日本中が楽しみにしている、三歳最強馬決定戦日本ダービーはどうしても的中を狙いたいですよね?
プロ・アマ問わず予想を掲載しているサイトは多数ありますが、その中でもこのサイトの日本ダービー予想は秀逸です。
エビコデラックスというマツコのような面白い予想家キャラが毒舌予想をしていて楽しく読めますし、穴馬予想の的中率はかなりの物です。
無料で日本ダービーの予想が読めますので是非活用してください。

© 2016 日本ダービーの予想方法・皐月賞組がやはり強い