ダービー馬メリーナイス

最強の日本ダービー予想方法とは

1986年のダービーはメリーナイスが制しました。
1986年のクラシック戦線は大変な粒ぞろいで、皐月賞と菊花賞を制し、有馬記念で非業の死を遂げたサクラスターオー、尾花栗毛の光り輝く馬体、そしてクラシック戦線では常に善戦したゴールドシチー、そしてスプリングステークスにおいて絶望的な位置取りから驚異的な追い込みを見せ差し切り勝ちしたマティリアルなど、多くの馬がクラシック戦線にはいました。
メリーナイスもまた、デビュー時から期待されていた馬でした。
函館のデビュー戦を快勝し、その後足踏みをしたものの、条件戦を勝ち、東の若駒チャンピオン決定戦の色が濃かった当時の朝日杯3歳ステークスで勝利し、一躍クラシック戦線に躍り出ました。
その後のスプリングステークスでは先ほどのマティリアルの、常識を上回るような末脚が炸裂した中、見せ場なく大敗し、皐月賞も外目の枠もあってか7着と敗れ、評価を落としながらダービー出走となりました。
サクラスターオーがダービーを回避したことで、マティリアルに人気が集中し、ゴールドシチーらに票が流れる中、メリーナイスは4番人気となりました。
レースではトチノルーラーが逃げ、3番人気だったダイゴアルファがそれに続く形となりました。
当時のダービーは20数頭が出ており、10番手にいないと勝てないというダービーポジションというものがありました。
メリーナイスはそのポジションを守り通します。
サニースワローが早目に先頭に立ち、最後の直線に入ると満を持して追い出しをかけ、粘るサニースワローを6馬身差つける圧勝でこの年のダービーを制しました。
その後のメリーナイスはセントライト記念で勝利するも、菊花賞では惨敗、有馬記念ではスタート直後に落馬という結果に終わってしまいました。
また、目黒記念では重い斤量を前に2着、天皇賞春は惨敗、そして函館記念では好走したものの、サッカーボーイが驚異的なタイムで勝ち、現在ですら破られていないコースレコードを叩きだし引き立て役に甘んじることになり、その後骨折もあって引退に追い込まれました。
クラシック戦線で活躍した馬の多くは古馬で活躍できなかったり、後に非業の死を遂げたりとなぜか悲劇的な結末を迎えることになります。
そんなこともあってか、この年のクラシック戦線を語る際には、皆が神妙な面持ちで語ることになります。
その中でメリーナイスは一番穏やかな生涯を全うしたと言えます。

© 2016 日本ダービーの予想方法・皐月賞組がやはり強い