ダービー馬シリウスシンボリ

最強の日本ダービー予想方法とは

シリウスシンボリというのは、日本の競走馬です。
シリウスシンボリは、父モガミ、母スイートエプソム、母の父はパーソロンという血統の鹿毛の牡馬で、同期にはミホシンザン、スクラムダイナ、サクラユタカオーなどがいます。
1984年9月16日に、中山競馬場の新馬戦でデビューしました。
このときシリウスシンボリは3歳の若馬です。
出遅れたが、1着になってデビュー勝ちを収めています。
ダービー馬シリウスシンボリは、和田氏とシンボリ牧場にとっては、前年のシンボリルドルフに続いて2年連続の日本ダービー制覇になったのです。
和田氏の生産馬のダービー制覇は、他の馬主に売ったサクラショウリも加えると通算で3頭目という快挙です。
1985年から1987年にかけての約2年間はヨーロッパの競走に出走しています。
欧州遠征は、4歳の秋から6歳の春まで、はじめはシンボリルドルフに帯同して海外に遠征する予定でしたが、シンボリルドルフが故障のために遠征を中止することになり、結局、単独で渡欧することになりました。
4歳の時は、キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスで8着、バーデン大賞で4着、プランスドランジュ賞で6着、ロワイヤルオーク賞で3着という成績を残しています。
5歳の時には、エドゥヴィユ賞で5着、シーシック賞では1番人気に推されていましたが3着に、ミラノ大賞典では5着、ゴントービロン賞で4着、フォワ賞で2着、コンセイユドパリ賞で4着という成績です。
凱旋門賞にも出走したことがありましたが、ダンシングブレーヴの14着に終わっています。
6歳の時は、エドモンブラン賞で4着、アルクール賞で8着、ガネー賞で7着になり、このガネー賞を最後にシリウスシンボリは帰国することになります。
帰国後は、毎日王冠で復帰したのですが8着、秋の天皇賞では勝ったニッポーテイオーから1.7秒も離された9着になっています。
6歳秋から7歳まで現役を続行しましたが、7歳の秋の天皇賞で7着に終わった後、骨折していることが判明して現役を引退することになります。
引退後には種牡馬になりましたが、京都4歳特別2着のオーシャンカレント、北斗盃優勝のベストファーザーを出しています。
1994年11月に、北海道日高町の沖田牧場に移ってからは、1997年の種牡馬引退後、軽種馬育成調教センターの助成を受けてこの牧場で功労馬として余生を過ごしていました。
そして、2012年4月8日の午後10時、老衰のため死亡しました。
30歳という大往生でしたが、多くのファンが嘆いたといいます。

© 2016 日本ダービーの予想方法・皐月賞組がやはり強い